チタンとは

チタンは地球を構成する地殻の成分として9番目に多い元素です。
遷移元素としては鉄に次ぎ、鉱物の主成分となっています。
自然界に豊富に存在していますが、集積度や製錬が難しいため、広く扱われるようになったのは最近です。
酸化物である二酸化チタンは、非常に安定的であり、白色顔料としてりようされています。
光を照射する性質も持っています。
金属チタンは強打や軽さ、耐食制や耐熱性などに富み、構造材や部品など多岐にわたって使用されています。
金属チタンは用途は多いですが、効果であるため狭い領域に使用されています。
チタン合金は1000℃を超える耐熱性は持たないため、ガスタービンなどには使用されません。
チタンは酸化被膜の屈折率の違いにより、独特な干渉色、表面加工の意匠性が高いです。
メンテナンスが容易であり、汚れが付きにくくなっているため非常に扱いが楽になっています。
二酸化チタンは絵の具や紙などにも使用されています。
二酸化チタンを含む絵具は赤外線の反射率が高いので、屋外での絵の具の使用に向いています。
二酸化チタンにはセメントにも利用されています。
二酸化チタンを紙に織り込むと、白く丈夫で透けない良質の紙を作ることが可能になります。