チタンアクセサリーのお手入れ方法

チタンは水や油を引き寄せる効果がある金属なため、きちんと手入れをしなければ、汚れができてしまいます。
表面処理の技術が成熟していないと、触った場合指紋がついてしまうなど、扱いにくい金属でもありました。
チタンのアクセサリーやジュエリーは、基本的には他の貴金属と同じお手入れで大丈夫です。
チタンはきちんと手入れさえしていれば、変色やゆがみなどを起こすことはありません。
汚れやほこりがついたまま保管すると、汚れがこびりつき、変色したように見える場合があります。
石鹸などで洗った場合も、タオルなどで水分をしっかりふきとるようにしましょう。
時間が経ってしまった汚れには、ぬるま湯と中性洗剤に浸すと効果があります。
洗った場合洗剤が残ってしまうとカブレを起こしたりすることもありますので、洗剤はしっかり流して下さい。
コーティングがしてある場合、傷がついたら再度コーティングをすることで傷が見えなくなります。
コーティングを頼みたい場合、購入したお店に聞いてみましょう。
チタン専用のケア用品は発売されていません。
チタンはお手入れよりも、研磨することが一番効力を発揮しますので、一度は再研磨を頼んでみましょう。
傷が付きそうな作業をする場合、はずしておくのも無難です。
傷がつかないように配慮するのも手入れの一つです。